ビスクドール doll

ビスクドールを作りたい フローズンシャーロット

投稿日:

こんにちは。

「ビスクドールの卵」管理人の こやぎ です。

今日はこの何だか分からなかったお人形について解説したいと思います。


このお人形 フローズンシャーロット といいます。

ドイツ製の白磁の人形です。


手足がくっついて氷ついたようなお人形に
見える事が名前の由来のようです。

このお人形は、アンティークドールのジャンルで、全て陶器で出来た手足の動かないタイプの「フローズンシャーロット」というお人形が原型で存在します。

作られたのは1850-1920年頃。

この「凍ったシャーロット」という不思議な名前は、アメリカのFair Charlotteというお話から来ています。

シャーロットという女の子が、凍りつく寒い日にダンスパーティに行きます。

迎えに来たボーフレンドのソリに乗る時

「暖かい防寒服を着て行きなさい」と言うお母さんのアドバイスを拒みました。

大好きなボーイフレンドにせっかくの美しいドレスを見て貰いたいのに、防寒着のコートなんか着たらドレスが隠れてしまうもの…

そのため、道中で凍死してしまった…

という残念な結果になってしまいました。

私も同じくらい頑固かも?しれませんが、虚栄心への戒めでしょうか

「お洒落のための無理はたいがいにしなさい」「親の助言は聞くものですよ」というお話です。

サイズは1インチ以下~18インチ程度までつくられたそうです。

特別な立ち姿と手の形をしていて、釉薬がかかっているものと、そうでないものがあります。

ちいさなものはドールハウス用に人気があり、またbathing dollとも呼ばれる事があるのは、お風呂に浮かべて遊ぶことも出来たからです。

アメリカで特に人気があり、お店で1セントで売られたため、penny doll(ペニードール)とも呼ばれファンも多いお人形です。

このお人形は、ヴィクトリア時代には、小さな物がバースデーケーキや、クリスマスプディング(プリンではなく、どっしり重いケーキです)の中にこっそり入れられ、子供達を喜ばせたようです。コインを入れたりもしますが、コインより清潔です。

また、アフタヌーンティーを冷ます為にもカップにいれられたとか。

子供の為でしょうか。

コレクターには人気のジャンルですが、子供用であり、お風呂でも遊ばれ…となると、現在残っているアンティークはあちこち欠けているものが大半です。

意味が分かると愛おしくなるお人形ですね。

検索

検索

-ビスクドール doll

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビスクドールを作りたい ペニードール って?

「ビスクドールの卵」管理人の こやぎ です。 2〜3㎝程度の小さなビスクの人形 このお人形、何て言うか知っていますか? ペニードール って言います。 アメリカで「ペニー・ドール」と呼ばれているとても素 …

ビスクドール を始めた きっかけ

こんにちは。 「ビスクドールの卵」管理人の こやぎ です。 今日は私がビスクドールの趣味を始めたきっかけについてお話したいと思います。 きっかけは左足の靭帯を切ったこと 小さい時から何かを作ることは好 …

ビスクドールのお話

『ビスクドールのお話』   (表紙)     ビスクドールとは陶器(ビスク)でできたお人形(ドール)のこと 人形は作家さんの手から生まれます   粘土を型に流して、乾かして焼いて また焼いて、まつ毛を …

牧がいない…牧ロス、林遣都ロス。続き。おっさんずラブ劇場版おっさんずラブ地上波初放送 観ました? 電車のシートがびしょ濡れだった話

「ビスクドールの卵」管理人のこやぎです。 大変ご無沙汰しておりました。 コロナの影響で人形教室も3月から閉鎖のままです。 1番大きなビスクドールを製作中で、後は革靴を作るのみで完成だったのですが、スト …

ビスクドールを作りたい ビスクドール ウイッグについて かつらの種類

「ビスクドールの卵」管理人の こやぎ です。2019年がスタートしました。 亥年 今年もよろしくお願い致します ビスクドールに限りませんが人形に使用するウイッグ(かつら)の種類 化繊、人毛、モヘア 大 …

検索

プロフィール

「ビスクドールの卵」管理人の こやぎ です。

小学生の頃
「こやぎはメーメー鳴くんだろ!」と毎日のようにいじめられていたので、ずっと自分の名前が嫌いでした。

でも時を経た今では、あの時 いじめる側でなくて良かったと思います。

いつまでも謙虚な気持ちを忘れない こやぎ で居たいと、管理人名を決めました。

好奇心旺盛でものづくりが大好き

そして、どういう訳かたまに不思議な体験もします。

型にはまらない作品や不思議な体験談をこれからたくさん紹介します!